2018年5月18日金曜日

イラストレーションや印刷物のスキャニングのやり方(後編)

さて、「イラストレーションや印刷物のスキャニングのやり方(中編)」の続きです。

中編では、取り込んだ画像をフォトショップで開いて、周りの不要な部分をカットするところまで解説しました。

今回は、色味を微調節し、画像が一部汚くなってしまている部分を修復、最後に印刷用データに最適化して保存します。

8)色味の微調節
本のカバーと取り込まれた画像データの色を比較して、色味が正確かどうか判断します。
微妙に異なっていることが分かります。 
そこで、Photoshopの色調補正の機能を使ってデータの色を印刷物の色に近づけます。
Photoshopのメニューから「イメージ」→「色調補正」→「トーンカーブ」を使って色の調節をしましょう。
「トーンカーブ」を選ぶと、下のようなダイアログボックスが開きます。



レッドは若干下げました。レッドが少し弱くなります。



グリーンはほんの少し上げます。グリーンが強めになります。




ブルーもほんの少し下げます。ブルーが少し弱くなります。








RGB全体は、少し上げて色を薄めにしました。さらにコントラストを強めています。(黒い線です)


これで、印刷物とほぼ同じ色になりました。


こうしたトーンカーブの使い方を詳しく解説すると、かなり長くなってしまうので今回は割愛しますね。
いずれ、詳しく解説したいと思います。

ところで、今回はほぼ同じ色になりましたが、どうしてもならない場合もあります。
特にアナログ作品は注意が必要です。絵の具の色がそのまま印刷で再現できるわけではありません。
残念なことではありますが、4色印刷で再現できる色には限りがあるのです。
ここで一旦保存しておきます。


9)汚くなっている部分の修復
拡大し、画像の一部が汚くなっていないか確認しましょう。
小さなゴミや汚れがある場合もあります。
汚れやゴミがあれば、どんなに小さくとも修復します。 
今回は、画像左端あたり、カバーの折れ目の部分が汚くなっていることに気がつきました。


ここを修復します。
使うのは「コピースタンプツール」です。
ハンコのようなマークのツールですね。

これは、画像の一部を拾って、その画像の一部をスタンプのように使えるツールです。
このスタンプを選んで、オプションキーを押しながら、画像の任意の場所をクリックすると、その部分の画像を拾って、スタンプのように描けるようになります。
今回は、すぐ右横あたりの画像を拾い、そのスタンプを使って、汚くなっている部分の上に修復を加えました。
汚くなっていた部分が消え、周りと同化します。


綺麗になりましたね。
ここで一旦保存しておきます。

10)カラーモードの変更
このままでは印刷データとしては不向きです。
カラーモードを直します。
現在は下のようになっているはずです。

「RGBカラー」は「CMYKカラー」に変更します。
印刷用のデータは、かならず「CMYKカラー」にしてから納品しましょう。(Webやモニターに表示されることが目的のデータは、「RGBカラー」のままで納品しましょう。)
この変換で色が変わってしまうことがあります。
Photoshopのカラー設定で「プリプレス用ー日本2」が選ばれていれば、大きく変わることはないはずです。
変わってしまう場合は、Photoshopのメニュー「編集」→「カラー設定」で、「プリプレス用ー日本2」が選択されているかどうか確認しましょう。
どうしても変わってしまった場合は、再度トーンカーブで色味を調節しましょう。
印刷物のデータ制作では、「プリプレス用ー日本2」で作業しましょう。
Webやモニターに表示される作品の制作時は「Web・インターネット用ー日本」で作業するのが鉄則です。

「16bit/チャンネル」は、「8bitチャンネル」に変更しましょう。




ここで一旦保存しておきましょう。


11)最後にEPS形式で保存します。

印刷用に納品するデータは、最終的にはEPS形式で保存します。(ただし、クライアントやデザイナーからほかの形式を指定されている場合はそれに従ってください)

Webやモニターに表示される作品の場合は、JPEG形式(画像によってはGIF形式が最適な場合もあります。)で納品しましょう。

EPS形式での保存の仕方です。
Photoshopメニューの「ファイル」→「別名で保存」を選びます。
するとこんなダイアログボックスが出てきます。
「フォーマット」で、「Photoshop EPS」を選びます。
チェック欄が幾つかありますが、すべてにチェックを入れないで「保存」をクリックします。
すると、「EPSオプション」というダイアログボックスが出てきます。
上のように「TIFF(8bit/pixel)」「バイナリ」を選び、その他のチェック欄は空欄にします。
特に指示がなければ、エンコーディングは「バイナリ」にしましょう。
印刷目的のデータであれば、「バイナリ」が間違いないです。 
ただし、団体の年鑑のデータは、容量を減らすため「JPEG(最高画質)」でお願いしています。 
以上で完成です。




今回紹介したのは、あくまで私が普段やっている方法です。
それぞれのイラストレーターが自分なりの方法を持っているかもしれません。
抑えるべき部分を押さえていれば、多少やり方が違ってもいいと思います。
みなさんの参考になれば幸いです。 
長らくお付き合いいただきありがとうございました。 

追伸:このスキャニング作業の前に、モニター・スキャナー・フォトショップなどのカラー設定を合わせておくことが必要です。そこが違っていると、「仕上がった印刷物の色がなんだか違う」ということも起こります。
いずれ、パソコンのカラー設定のやり方も解説しますね。



イラストレーションや印刷物のスキャニングのやり方(前編)

イラストレーションや印刷物のスキャニングのやり方(中編)

2018年5月12日土曜日

イラストレーションや印刷物のスキャニングのやり方(中編)


さて、「イラストレーションや印刷物のスキャニングのやり方(前編)」(http://illustratorstsushin.blogspot.jp/2018/05/blog-post.html)の続きです。

前編では、「EPSON Scan」でスキャニングしたデータを保存したところまででした。
この中編では、まず全体をチェック。
その上で、気になる部分を修正していきます。
修正の一つ目は、若干斜めになっているので回転して角度の修正。
二つ目は、周りの不要な部分のカットです。

それでは順に説明していきましょう。

5)データをチェック
前編で保存したデータを、Photoshopで開きましょう。
下のような画面となります。 


データを確認します。
気になるところは次の4つ。
  • 若干斜めになっています。
  • 少し大きめに取り込んだので、周りに余白が見えます。
  • 折れ目部分が汚くなっています。
  • 微妙な色の違い。

この4つを修正していきます。


6)縦横に合わせて回転させる
まずは、印刷物が斜めになっているので直します。

取り込んだままのデータではレイヤーが回転しないので、次のように操作します。

Photoshopの「レイヤー」ウィンドウで、「背景」レイヤーをダブルクリックします。


 すると、下のようなダイアログボックスが開きます。
「OK」をクリックしましょう。
すると、「レイヤー」ウィンドウで、「背景」となっていたものが「レイヤー0」と表示されます。

これでレイヤーが回転するようになりました。 
回転の前に、縦横の目安となる「ガイド」のラインを引きます。
「ガイド」は、印刷物の文字に沿って、縦と横に引きます。
印刷物は、必ずしも正確に縦横にカットされているとは限らないので、縦横が正確であるはずの文字に合わせるのです。




 縦に書かれた「LOST DAYS」の部分を拡大します。



 このように、「L」の下部ギリギリに引かれた水色のガイドラインが、「S」の所では、文字の中に割り込んできています。
この角度のずれを、修正するのです。


回転にはフォトショップの「移動ツール」(十文字の矢印上になっているマークのもの)を使います。


画像の斜め上あたりにカーソルを持ってくると、カーソルが横と縦を指す矢印に変化します。
この矢印が出てくると、現在選択しているレイヤーを回転できるようになります。
「ガイド」に文字の縦横が合うようマウスを調節して回転させます。
文字の部分に引いた「ガイド」を拡大表示してピクセル単位で縦横を合わせます。
マウスの操作では細かい回転度数の調節が難しいので、最後は回転度数を数字で入力して微調節します。


「LOST DAYS」の文字の下部の水色のガイドラインが、きれいに揃いました。



これで角度のずれが直りました。
ここで一旦保存しておきます。


7)周りの不要部分をカットする
今度は周りの余白をカットします。

カットする際は、Photoshopの「切り抜きツール」を使います。
直角のラインが二つ交差したようなマークのものがそれです。





印刷物外側のギリギリ手前に「ガイド」を引きます。
引いた「ガイド」にそって、「切り抜きツール」で囲みます。



そのままリターンキーを押すと切り抜かれます。



これで周りの不要な余白がなくなりました。 
ここで一旦保存しておきます。 
今回は印刷物を取り込んでいますが、アナログ原画の場合も周りに不要な余白は残さないようにしましょう。
どこまでが作品で、どこからが不要な余白なのか他人にはわからないからです。

「アナログ原画をスキャニングしてクライアント等から指定されているサイズのイラストレーションデータにする方法」も、簡単に説明します。 
やり方はいくつも考えられますが、私が普段やっている方法です。 
まずは、取り込んだアナログイラストレーションをここまで解説された方法で保存します。
それとは別に、Photoshopで新規書類を作成します。 
この時、指定されているサイズで書類を作ります。 
保存してあるアナログ作品データをPhotoshopで開きます。 
そこから「レイヤーを複製」機能で、先ほど作った新規の書類にレイヤーを移します。
トリミング等を調節して、保存します。
この方法で指定サイズ通りのイラストレーションデータが出来ます。

今回はここまで。
中編では、取り込んだ画像データの気になる部分の修復や色味の調節について解説します。

イラストレーションや印刷物のスキャニングのやり方(前編)

イラストレーションや印刷物のスキャニングのやり方(中編)



2018年5月9日水曜日

イラストレーションや印刷物のスキャニングのやり方(前編)

今や、プロフェッショナル・イラストレーターにとって、印刷物やアナログ作品をスキャニングするスキルは、必須でしょう。

皆さんは、正しいやり方を知っていますか?

当団体(イラストレーターズ通信)では、会員イラストレーターから年鑑掲載用の作品データを提出していただくのですが、間違ったもの、使えないもの、修正が必要なものが多くて困っています。
正しいやり方を知らない会員が、意外に多いようです。
イラストレーターという職業には上司も同僚もいないため、基本的なこともちゃんと教わる機会がないのだと感じています。


そこでここでは、プロフェッショナル・イラストレーターに特化した、印刷物やアナログ作品をスキャニングする方法を解説します。

やり方は、いくつかあるかと思いますが、これは団体主宰の森流一郎が普段行っている方法です。




1)必要なもの。

  • パソコン
  • スキャナ
  • Adobe Photoshop 


  • パソコン  

私が普段使っているiMACでの解説となります。
もちろん、Windowsでも構いません。 


  • スキャナ 
スキャナは、 エプソンのES-10000Gを使用しています。 

A3までスキャン可能なため、長年愛用しています。
A3まで対応していると、「マガジンサイズの雑誌」や「単行本カバーの表1から表4」あるいは「A3までのアナログ原画」を1回でスキャニングすることができて、とても効率的です。 

私の事務所では、2台のiMACに繋げて使用しています。
このようなUSBハブを使用すれば、4台までのパソコンを切り替えることができるようになります。 



A3スキャナは、少々お高いです。予算がない場合は、A4スキャナ(あるいはA4複合機)でも十分でしょう。
A4スキャナで大きなサイズをスキャンする場合は、2回(あるいはそれ以上の回数)に分けてスキャンし、後で画像をつなげれば問題ありません。
スキャナでプロに定評があるメーカーは、エプソンとキャノンです。このどちらかであれば安心でしょう。
複合機やプリンターは、顔料系のインクを使用した機種がおすすめだと思います。 

なお、ES-10000Gは生産中止となっていますが、アマゾンなら中古で購入可能です。
http://amzn.asia/1wG7PCl

その他のA3スキャナはこちら。(CANON製A3スキャナは販売されていないようです)
http://amzn.asia/aZ5OwdE  
http://amzn.asia/dXxcfCM
http://amzn.asia/3owHlEm

A4スキャナはこちら。
http://amzn.asia/9ptGiAI 
http://amzn.asia/5NkhYh5

スキャナとプリンターが一体になった複合機にする選択肢もありです。
コピー機としても使えるので、とても便利です。
複合機にする場合は(あるいはプリンターを購入する場合も)、染料系インクではなく、顔料系インクを使用している機種を選びましょう。 
染料系インクは、普通紙にイラストレーションを印刷すると滲んだり、紙がヨレヨレになってしまったりします。 
これでポートフォリオを作っても見栄えが悪いですね。 
プロフェッショナル・イラストレーターには、顔料系インクを使用する機種がオススメです。 
黒インクだけ顔料系のものもありますが、全色顔料系インクの複合機を選びましょう。

複合機の例はこちら。 
http://amzn.asia/cm5KRse  
 http://amzn.asia/7X09stp


・Adobe Photoshop 
Adobe Photoshopは、プロフェッショナル・イラストレーターとして活動するなら必携のソフトだと思います。  
もし所有していない場合は購入しましょう。

Adobe Photoshop Elementsというソフトもありますが、これはアマチュア向きです。 
なぜなら印刷用のCMYKデータを作れないからです。 (※1)
印刷用データを作らないアマチュアにはこれで十分ですが、あなたがプロフェッショナルイラストレーターなら(あるいは本気でそれを目指すなら)、Adobe Photoshopを購入したいですね。 
Adobe illustratorも、プロ必携のソフトです。 
この二つのソフトは、セットでの購入をお勧めします。 

Adobe社のサイトから購入できます。https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html




2)今回スキャンする印刷物

今回は、私が装画を描いている書籍『ロストデイズ』のカバーをスキャニングします。



3)スキャニングの前に。
スキャニングの前に、スキャナの取り込み面をよく掃除しましょう。
私の場合、エアーダストで埃を吹き飛ばし、ウェットティッシュで拭いた後、普通のティッシュペーパーで仕上げ拭きをします。 
ウエットティッシュは、液晶用、スマートフォン用などもありますが、一般的なものでも十分だと思います。




4)スキャニング作業
書籍からカバーを外し、スキャナの取り込み面に載せます。


今回は、表1から表4にかけてを取り込みます。 


雑誌等をこのままスキャニングすると、裏写りすることがあります。 
裏にも何か印刷されたものをスキャニングする場合は、この上に黒い紙を敷きます。 
そうすることで裏写りを防ぐことができます。 
普段から、黒い画用紙か黒いケント紙等を用意しておきましょう。

このまま蓋を閉じます。

 EPSONのスキャニング用ソフト「EPSON Scan」を起動します。(CANONの場合は、そのソフトを使用してください。)
下はそのソフトが起動したパソコン画面です。 

さらに操作画面を拡大します。


 モードは、自分好みの設定で取り込める「プロフェッショナルモード」で行います。
「原稿種」は「反射原稿」
「取り込み装置」は「原稿台」
「自動露出」は「写真向き」となっていますが、実際には自動露出は使用しません。 
自動露出してしまうと、メリハリが強くなり、微妙な淡い色調が失われてしまうからです。
メリハリの強い作風の方は自動露出を使用してもいいのかもしれません。 
「イメージタイプ」は、より高画質な「48bitカラー」で取り込みます。 
RGBそれぞれの色を8bitで表す24bitカラー(8bit×3色)と、より高画質な16bitで表す48bitカラー(1色16bit×3色)があります。 
48bitカラー(1色16bit×3色)の方がより深みのある色再現が可能です。 
色補正を加えても劣化しづらいのも48bitカラー(1色16bit×3色)の方です。
プロフェッショナルな作品データとしては、48bitカラーで取り込む方がオススメだと思います。  
 ただし、このままでは印刷には不向きです。 
48bitカラーで取り込んだものを印刷用データとして納品する際は、フォトショップで上部のメニューから「イメージ」→「モード」で、「16bit/チャンネル」となっているものを「8bit/チャンネル」に変更しましょう。 
低価格なスキャナでは、「48bitカラー」での取り込みに対応していないのかもしれません。
その場合は、こうした設定はしなくとも問題ありません。 
そのままで「24bitカラー」でスキャニングされることになるはずです。

「解像度」は、回転等で画質の劣化を防ぐため多少大きめで取り込みます。
今回は「400dpi」にしました。
一般的な印刷用データの解像度は、「印刷されるサイズで350dpi」が最適です。
印刷用データを納品する際は、印刷サイズにリサイズして、解像度は350dpiにしましょう。 
「出力サイズ」は、特に理由がなければ「等倍」で行います。 

「調整」の部分の「自動露出」「ヒストグラム調節」「濃度補正」「イメージ調整」「カラーパレット調整」は、全てクリアな状態にします。 
「リセットボタン」を押せば、クリアされます。 
これは、こうした自動調節を適用すると、私の意図しない画像に加工がされてしまうからです。 
こうした自動調整は行わず、取り込んだ後Photoshopで調節した方が、意図通りの微妙な調節が可能です。 

アナログのイラストレーション原画を取り込むときは、以上の設定で取り込めば大丈夫です。
しかし、このまま印刷物をスキャニングすると、モアレが発生してしまう可能性があります。(※2)
印刷物を取り込む際は「モアレ除去」にチェックを入れましょう。
左横の参画をクリックすると、印刷線数を指定できます。
書籍カバーや雑誌のカラーページなどの一般的な印刷物なら「高品位(175lpi)」にしましょう。
プレビューボタンをクリックすると、プレビュー画面が出てきます。


取り込む部分を少し大きめに囲んで、スキャンボタンをクリックします。
すると、「保存ファイルの設定」というダイアログボックスが開きます。


 「保存先フォルダ」にはデータを保存したい任意のフォルダを指定します。 
「ファイル名」にはわかりやすい任意の名前を入力します。
日本語のファイル名をつけていると、他人にデータを渡した際、データを開けない等のトラブルの原因となる可能性があります。
半角英数字とアンダーバーで名前をつけましょう。 
保存形式は、データに劣化のない「TIFF」で行います。 
保存ができたら、「EPSON Scan」は閉じても大丈夫です。

前編は、取り込んだデータを保存したところまでとします。
中編では、取り込んだ印刷物の縦横を正確に合わせる作業、周りの余白をカットする作業になります。

イラストレーションや印刷物のスキャニングのやり方(中編)



(※1)印刷物のカラーは、CMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、黒)の4色で全ての色が再現されます。一方、パソコンモニターは、RGB(レッド、グリーン、ブルー)の3色で全ての色が再現されます。この二つは全く違うカラーの再現方法であるため、完全な互換性はありません。RGBの色の一部がCMYKでは再現不可能になります。RGBのカラーモードで制作したカラーイラストレーションは、印刷用のCMYKに変換するとまるで異なる色になることがあります。その点、Adobe Photoshopの場合は、RGBで制作・スキャニングしたデータを印刷用のCMYKに変換することができるので安心なのです。CMYKで印刷された際にどんな色になるのか、確認した上で納品できるわけです。一方で、Adobe Photoshop ElementsはカラーデータはRGBにしか対応していません。CMYKに変換された場合にどんな色になるのか確認できないまま納品するしかありません。イラストレーションの作者として、印刷されてどんな色になるかわからない状態で納品するべきではありません。そのため、プロフェッショナルイラストレーターなら、Adobe Photoshop ElementsではなくAdobe Photoshopを選ぶべきなのです。

(※2)モアレは、印刷物を印刷した際に独特の模様ができてしまうものです。
詳細はこちら:https://ja.wikipedia.org/wiki/モアレ
モアレができてしまうかどうかは、印刷結果を見なくてはわかりません。
スキャニングしたデータからはわからないので、データを見て問題ないからと安心してしまわないようにしてください。
なお一般的なお仕事の場合は、色校正の段階でモアレに気がつくはずです。モアレが発生していればグラフィック・デザイナーや印刷会社が対応してくれるでしょう。
しかし、モアレが発生しないデータを納品するのもプロフェッショナルイラストレーターの仕事だと思います。

2018年5月2日水曜日

『年鑑イラストレーターズ通信2018』の無料配布は停止します

『年鑑イラストレーターズ通信2018』の在庫がなくなりました。
2018年5月2日12時30分までにご希望の電子メールを受け取った方までで、無料発送の受付は終了します。
たくさんのご依頼ありがとうございました。

無料発送を希望するメールを出したにもかかわらず年鑑が届かない場合は、お問い合わせ願います。
お問い合わせ先:jimukyoku@illustrators.jp