2012年8月31日金曜日

小冊子「イラ通」12、納品締め切り

小冊子「イラ通」12、早割、通常申し込みの作品等のデータは、本日、8月31日です。
どうしても間に合わない場合は、一言メールでお知らせ願います。
2次募集の締め切りは、申し込み受付メールから1ヶ月後です。

2012年8月13日月曜日

イラストレーターの仕事について考える


お盆です。
そんなこととは関係なく、また熱を出して寝込んでいます。
夏風邪をひいた記憶は、少なくともここ20年ぐらいありません。
体力がなくなってきたことを痛感しています。
布団にもぐり込み、熱でぼんやりした頭で、イラストレーターの仕事について考えていました。

いつだったかーー
世界的な現代美術の作家が小学校に来て作品制作をするドキュメントをテレビでやっていました。
番組の終わりの方で、質問コーナーがあり作家が答えていました。
ある一人の小学生が、こんな問いかけをしました。
「これって何の役に立つんですか?」
美術家にとって究極の質問かもしれません。
しかし、その作家は少しもうろたえることなく、こう答えました。
「役に立たないものにこそ、本当に大事なものがあるんだよ」

たとえば、小説は文字で成り立っています。
イラストレーションは役に立たない、なくてもいい、と出版社が考えたとしましょう。
書籍のカバーにひとつもイラストレーションがなく文字だけになったら……
書店に入ったときの、あのときめきが半減するのではないでしょうか?
効率主義が行き過ぎると、無味乾燥で詰まらない世の中になります。
本当に大事なものは、一見無駄に思えるところにあるのです。

私たちイラストレーターの仕事は、現代美術ほど高尚ではないかもしれません。
でもよりたくさんの大衆に向けて、ちょっとした何かをお届けするエンターティメントです。
そのイラストレーションを見た人が、ちょっと幸せになれたり、ときめいたり、「かわいい」と思えたり、それだけのことですが……
世の中にとって、とても大事な「小さな魔法」だと思っています。
イラストレーターは、きっと、ほんのちょっとした魔法使いなのです。

イラストレーターの皆さん、ちょっとした何かで、世の中を照らしていこうではないですか。
より幸せな世の中になることを願って。
(森 流一郎)

2012年8月11日土曜日

「イラストノート」NO.23 で、森流一郎のインタビュー記事

現在発売中の「イラストノート」NO.23 で、森流一郎のインタビュー記事が掲載されています。
主に「イラストレーターズ通信」に関してのお話です。
書店で手に取っていただけると幸いです。
57ページから61ページです。

Webサイト「イラストレーターズ通信」の英語ページ完成のお知らせ

Webサイト「イラストレーターズ通信」の英語ページは、第2回、第3回のコンンペページを省いて完成しています。
コンペページの英訳が諸事情により遅れておりますが、ひとまずは英語ページの完成としたいと思います。
http://www.illustrators.jp/e_index.php

英訳はWeb英語スタッフの長谷さちあさんが担当してくださいました。彩さんとその会社の方にもお手伝いいただきました。
英語ページの制作はWebスタッフの彩さんが担当しています。

おかげさまで海外からの訪問者にも分かりやすいサイトになったと思います。
今後世界に向けて情報発信する準備ができたと思います。

ご協力いただいた皆様には心からお礼申し上げます。
ありがとうございます。

引き続き、コンペの英語ページの制作も彩さんに依頼しています。
完成には今しばらくかかりそうです。
お待ちいただければ幸いです。

2012年8月4日土曜日

小冊子参加者募集は「2次募集」に切り替えました

小冊子『イラストレーターズ通信』 vol.12は、「2次募集」に切り替えて、引き続き参加イラストレーターを募っています。
掲載料、作品データともに、参加受付のメール送信日から1ヶ月後が締め切りとなります。
皆様のお申し込みをお待ちしております。
http://www.illustrators.jp/recruit_02.htm